手作りトリュフチョコレート

2017年02月17日

今週はバレンタインデーがありましたねピカピカ
食医食としては、かつて、毎年2月14日に、「食医食・バレンタインデー当日講習会」を実施していました。そのスタートは昭和55年でした。

たまたま、料理教室の生徒さんからの「先生〜、彼に手作りチョコの出来たてをプレゼントしたいんです! 一緒に作りに来てもいいですか?」というお願いがきっかけでした。

「まあ、どうせ作るし材料とラッピングも一緒に仕入れればもっと安くなるかもスマイル」と、さらに別の生徒さんに声をかけました。結果的にはなんと40人位の申込みがあり、
「どうせだったら、材料のチョコを本場ベルギーから取り寄せよう♫」と、
どんどん楽しくなっていきました。

それから「1粒に、他にない愛のこだわりを」と、本当に何回も何年もかけて「この1粒」というものを作りあげました。

8年前には食医食のレシピを商品化してくださった会社で「デザート」として作っていただいたこともあります。

私の考え方は、チョコであっても料理と同じで「簡単に作れて美味しくて体にいい食べ物であること」です。


 

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 10:31 | Comments(0) | 料理教室