食医食・簡単! 栗蒸しようかん

2013年08月30日

毎日、facebookでも情報交換でさせていただいています。このブログのコメントも同時に配信して、できる限り多くの方々がこの「夢風レター」を知っていただけると嬉しく思います。

本日は栗の甘露煮が残っていましたので「栗蒸しようかん」を作りました。あんこは、以前この夢風レターで作り方はご紹介していますが、忙しい時は「酸化防止剤」等が入っていない市販のものを使われても構わないと思います。ただし「白砂糖」を使ったものが多いので、買うとしましたら「和菓子店」のあんこを分けていただくと安心ですね。

最近の和菓子店も「きび糖が上品な甘さ」と白砂糖でないお店が増えています。とても簡単なので是非、自家製くり蒸しようかんを作ってみてください。

<食医食・簡単くり蒸しようかん>


① ボウルに粒あん400gとふるった小麦粉45gを手でもみ込みます。


② 片栗粉10gを入れ、ふるったきび糖45gと塩小さじ1/2を加えます。

③ 熱めのお湯を60cc少しずつ加えてゴムべらで練り上げます。


④ 栗はさっぱりした甘さにするために、ビン詰めのシロップの倍の水を加え、火にかけてひと煮立ちさせておきます。


⑤ 栗を2等分に切って加え「ようかん型」にパラフィン紙(クッキングシート)をしいて流し入れ、蒸し器で40分間蒸します(蓋の間に布)。


 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 13:10 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | お菓子・デザート

食医食・シャキシャキおかひじき

2013年08月30日

おかひじきをご存知ですか・・・食べたことはありますか? あまりない方の方が多いようですね。多肉質の葉が「ひじき」に似ているところからこう呼ばれています。日本全国の日当たりのよい海岸の砂浜などに自生しています。別名で「水松葉」と呼ばれています。確かに松の葉にも見えます。栽培が有名なのは山形市と米沢市です。虫がつかない野菜なので農薬を使わないのが嬉しいですね。栄養的にはカリウムが多くカロチンも多いので分類は「緑黄色野菜」に入りとても抗酸化力があります。サッと茹でて和え物、サラダ、そのまま椀物に入れてもシャキシャキとして美味しいです。


<食医食・シャキシャキおかひじき>

① おかひじきカップ1、じゃがいも1個(せん切り水にさらす)、ちりめんじゃこカップ1/2を準備します。


② フライパンに、ごま油大さじ1を入れて全部を加えサッと炒め、大さじ2+1/2のきび糖をからめます。


③ しょうゆ大さじ2をからめ直ぐに火を止めてでき上がりです。


 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 12:07 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 野菜料理

食医食・豆乳ピラフ

2013年08月27日

忙しい時に1品料理を作る場合、大切なことは「具だくさん」にすることです。
いろいろな野菜を入れたり、具材の栄養バランスで数品分の栄養補給をすることが最大のポイントです。「チャーハン」や「焼き飯」にする時間もない時は、「ピラフ」が最速です。あり合わせの具を炒め、洗い米も炒め、同量の水加減で蓋をして炊きます。沸騰するまでは強火で、その後は弱火で20分間ほうっておいても大丈夫です。今日は「スープ」ではなく「豆乳」で作り、塩・こしょうを効かせました。

<食医食・豆乳ピラフ>

① にんじん・玉ねぎ 各80g、ピーマン2個を粗みじんにします。地鶏細切れ150g、米(雑穀20gを入れる)カップ2を準備します。


② 鍋にバター大さじ1を溶かし材料をすべて炒め、塩小さじ1+1/2、こしょう少々、豆乳カップ2を加え火にかけます。

③ 沸騰するまでは強火、その後は蓋をして弱火にして20分間ででき上がりです。

④ 盛り付けをして最後に粉チーズをトッピングします。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 01:47 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | ご飯・丼

食医食の二刀流料理とは?

2013年08月27日

今日は特に時間が無くて、同じ材料を使って同時進行で素早く2つの料理を作り上げる、、、その名も「食医食・二刀流料理」を作りました。本当にあっという間です。

材料はあり合わせの野菜(今回はにんじん、しめじ、玉ねぎ、小松菜)を粗みじんにして2つのフライパンでそれぞれに炒めます。
ひとつのフライパンにはごま油大さじ1を入れ、みじん切りのにんにくを生から徐々に炒め、香りをじっくり油に移します。

もうひとつのフライパンはオリーブ油大さじ1で具を炒め、卵4個に牛乳大さじ1、塩こしょう少々を加え、よくかき混ぜ一気に強火でオムレツに仕上げます。

にんにくを入れた方は、どんどん具を炒めご飯2膳分に酢を大さじ1ふりかけ(パラパラにするコツです)、塩小さじ1、こしょう少々で味を整えてできあがりです。

<食医食・二刀流料理> 出来上がりました!!  
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 00:39 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ

食医食・ひじきの厚焼き卵

2013年08月24日

おかずの再利用は家庭料理では必須ですね。同じ姿で食卓に出さずにちょっと工夫すると家族も喜んでくれると思いますスマイル

我が家では「ひじき煮」が、材料をいろいろと変えてアレンジするお惣菜のひとつです。

「ひじき」はアルカリ食品の王様のようなもので、免疫力をつけるのにもとても良い食品です。「ひじき煮」をアレンジして使うとすると、まずは簡単にできる「ひじきご飯」にするのが良いと思います。ポイントはご飯に自然塩を軽くふって塩味をつけてひじき煮(汁を切る)を混ぜることです。

もう一品おすすめなのが、本日ご紹介する「ひじきの厚焼き卵」です。これも同じくポイントは卵に入れる塩加減です。
個人的には、でき立てに大根おろしをたっぷりトッピングしていただくのが最高ですgood

<食医食・ひじきの厚焼き卵>

昨日の「有機コンニャクひじき」を1/2カップ準備します。


②卵4個を割り、小ねぎ適量、塩小さじ1/3、きび糖小さじ2、牛乳大さじ1を入れて、よく溶いてひじき煮を加えます。


③ フライパンにごま油を少しずつ入れながら、数回重ね巻きをして厚焼き卵型に仕上げます。


④ お好みで大根おろしをトッピングします。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 01:56 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 卵料理

食医食・有機こんにゃくひじき

2013年08月24日

以前、あるテレビ番組で出演者が畑で「こんにゃく芋」を生でかじってしまい発作が起きて病院に運ばれた、ということがありました。こんにゃく芋は昔から「毒芋」といわれ熱処理をしなければ食べられません。その危険な成分は「シュウ酸カルシウム」です。それと農薬も多いといわれます。

食医食では、こんにゃくは「有機」に限るとお話をしています。熱処理を行なえば食物繊維も多く「腸のお掃除屋」と言われるくらい、体に良い食品です。あまり知られていませんが、こんにゃくのあの黒い点々は「ひじき」です。しらたきや、白コンニャクより是非「有機の黒こんにゃく」を選んで下さい。使用するときは必ず包丁を入れてから熱湯で茹でて料理に加えるようにして下さいねスマイル

<食医食・有機こんにゃくひじき>

① ひじき(もどしたもの)カップ1、有機こんにゃく1枚、地鶏細切り100g、しいたけ(スライス)・にんじん(せん切り)・大根(せん切り)、玉ねぎ(スライス)、細ねぎ(斜めにカット) 各50gを準備します。


② こんにゃくはせん切りにして茹で、他の材料はごま油大さじ1で炒めた後、出汁2カップで煮ます。

③ しょうゆ・きび糖・酒・各大さじ3、みりん大さじ1+1/2で調味して、最後にねぎと白ごま大さじ1を加えます。


 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 01:38 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 野菜料理

食医食・ナッツ健康サラダ

2013年08月24日

サラダを「レストランの味」にするのに一番有効な隠し味は「玉ねぎ」です。

玉ねぎを、頑張ってできるだけ「薄く薄く」スライスするのが最大のコツです。あとは、レタスやきゃべつ、きゅうり、にんじん・・・何でもあり合わせをザルに入れて混ぜ、ふんわりと盛り付けることです。さらに色合いと栄養面を考えてプチトマトを周りに加えると、とても美味しそうに仕上がります。

ここでもうひと工夫、簡単で栄養面にプラスになり、さらに生野菜が「やめられない、止まらない」くらいに美味しく食べれるポイントとなる食品があります。

それは「ナッツ」です。ナッツ類には「ビタミンE」という目やお肌に良いと言われる成分が豊富です。砕いてフライパンで煎り、トッピングして混ぜながら食べると最高です。

<食医食・ナッツ健康サラダ>

① レタス(ちぎる)80g、にんじん(せん切り)・かいわれ大根・玉ねぎ(スライス) 各50、プチトマト12個を準備します。


② アーモンドスライスとくるみ 各30g位を細かくして、フライパンで煎りトッピングします。

③ 練り白ごま大さじ3、マヨネーズ・リンゴ酢・薄口しょうゆ・きび糖 各大さじ1で、ごまドレッシングを作ってお好みでかけます。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 00:55 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 野菜料理

食医食・さんまの甘辛煮

2013年08月24日

さんまというと、ほとんど内臓をそのままに塩焼きにするケースが多いですね。しかし、現代は海の汚染がひどく危険物質が、その内臓に一番、残留しているので必ず内臓処理はしていただきたいものです。さんまの選び方は「目が澄んでいて体の色が鮮明で光っていて、胴体がしまっているもの」を選んで下さい。内臓のあたりがぶよぶよしているものは新鮮ではありません。

本日は甘辛煮にしますが、さんまの塩焼きに大根おろしをつけるのは、魚の焼け焦げで発生する発ガン性物質の「トリプP1」を大根の抗酸化物質が消してくれるといわれています。たっぷりの大根おろしを是非付け合せにしてほしいと思います。我が家はいつも「辛味大根」を使います。気合が入るような辛さで最高に元気になります。

<食医食・さんまの甘辛煮>

① さんま2尾を、内臓を出してよく洗ってぶつ切りにしておきます。


② 鍋にしょうゆ・きび糖・酒 各50cc、みりん25cc、しょうが1粒のスライスを入れて火にかけます。


③ 大根・にんじん 各80gを細めの乱切りにして、さんまと一緒に煮ます。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 00:16 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 魚介料理

食医食・ゴーヤカラフル味噌炒め

2013年08月23日

夏といったらビタミン豊富な「ゴーヤ」が最高です。さらにカロテンの多いカラフルピーマンと組み合わせると鬼に金棒です。その上に、肉の中で唯一「ビタミンC」がある豚肉を使い、さらに、抗酸化力のある「味噌」で味をつけます。


<食医食・ゴーヤカラフル味噌炒め>

① フライパンにごま油大さじ1を入れ黒豚200gを炒め、カラフルピーマン全部(赤・黄色・紫)で100gを一口大に切り加えゴーヤ1本は斜め切りにしてサッと塩茹でをして加えます。




② 西京味噌大さじ5、きび糖、みりん、酒、しょうゆ 各大さじ1で味付けします。


③ 赤唐辛子1本を種を取り、小口切りにして加えでき上がりです。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 22:31 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 肉料理 | 野菜料理

食医食・バーニャカウダスペアリブ

2013年08月22日

バーニャ・カウダはイタリアを代表する料理ですが、このソースを野菜だけでなく肉や魚に使っても、とても簡単で美味しい料理となります。
にんにくやアンチョビ(かたくちいわしの塩漬け)、オリーブオイルを合わせて作ります。
※今回は化学調味料無添加の市販のものを使用しています。

肉や魚をソテーして野菜と一緒にこのソースで仕上げると、とても美味しいおしゃれな一品ができます。

<食医食・バーニャカウダスペアリブ>

① 黒豚のスペアリブをオリーブオイル大さじ3で焼き、塩・こしょう少々を加えます。




② いんげん・にんじん・しいたけ 各80gを大きめに切り、一緒に加えます。


③ バーニャカウダソースを大さじ3加え仕上げます。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 00:11 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 肉料理 | 野菜料理

食医食・あり合わせ八宝菜

2013年08月16日

八宝菜は「八つの宝の野菜」と書きますが、これでなければいけなという八つの宝ではありません。要するに「同じものばかり」ではなく、種類・・・バランスを考えて素材を選択してほしいという願いも含まれています。味付けの特徴としては、塩味中心で色は素材の色が活かされて透明感のあるあんかけ料理として仕上げます。塩味は本当に重要です。

食医食ではミネラル成分の多くてバランスも良い「自然塩」を使用しています。私が個人的に好きな塩は「石垣の塩」です。社長さんが事務所まで来てくだささったことがありましたが、会社が国立公園の中にあるというお話を聞いてビックリしました。健康料理家としましてはいけませんが、いろいろな料理の中でも「石垣の塩」を使った「塩むすびが」一番好きかもしれません(笑)。「もっと美味しい塩を知っている! あるよ!」という方がおられましたら是非教えて下さいニコニコ

<食医食・あり合わせ八宝菜>

① ホタテ5個、豆腐150g、小松菜・紫玉ねぎ・黄パプリカ・にんじん・生しいたけ・ピーマン 各60g、しょうが1粒を準備します。


② 豆腐は一口大に切り、塩・こしょう少々を振り、片栗粉をまぶしておきます。


③ 野菜は一口大の薄切りにします。
④ フライパンに、ごま油大さじ1+1/2を入れ、豆腐を焼き、しょうがと野菜を入れて炒めます。


⑤ スープ2カップを加え、塩小さじ1、きび糖・酒・薄口しょう油 各大さじ1で味をつけ、水溶き片栗粉 大さじ1でとろみをつけます。

※水溶き片栗粉とは片栗粉と水を同量で溶いたものです

 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 08:55 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 野菜料理 | 魚介料理 | 豆類

食医食・カラフル青椒肉絲

2013年08月16日

中華料理の代表的なもののひとつに「青椒肉絲」があります。
「チンジャオロウスウ」と発音します。細切りの牛肉に下味をつけて片栗粉をまぶし、ピーマンも細切りにして炒める料理です。「牛肉とピーマン」が無いと作れないのかというと、、、そうではありません。食医食では「あり合せ」の材料を使い、同じ作り方でバリエーションを増やしています。そもそも家庭料理とはそのようなものではないでしょうか?
また、食医食のテーマのひとつは、「さらに健康になるアイデア料理を追求する」です。ピーマンを青いピーマンだけを4個使うのではなく、青、赤、黄、オレンジを各1個ずつにする・・・それだけでビタミンの種類が増えてさらなる健康料理が生まれます。


<食医食・カラフル青椒肉絲>

① 牛肉150g、ピーマン青、赤、黄、オレンジ 各1個を準備します。


② 牛肉は細切りにしてしょうゆ、酒 各小さじ1を入れ、片栗粉大さじ1をまぶします。ピーマンは千切りにしておきます。


③ フライパンに、ごま油大さじ1を入れ牛肉をほぐし入れて炒めます。


④ 各種ピーマンを入れてコチュジャン大さじ1、しょうゆ大さじ1、きび糖小さじ1を加えて調味します。


 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 08:16 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 肉料理 | 野菜料理

食医食・殻つきホタテのプレート料理

2013年08月11日

生でいただける、新鮮な殻つきホタテをいただきました。ホタテは牡蠣と同じく扱う時に専用のナイフのような道具がないと手が痛くてなかなか大変です。普通のぺティナイフですと刃が薄いので危ないので、ステーキ用のナイフの方がまだ大丈夫です。
貝類を料理する時のコツは火を通し過ぎないことです。「最後の仕上がりで、ちょうど火が通った」という料理手順にすると柔らかく美味しくいただけます。

<食医食・殻つきホタテのプレート料理>


① ホタテ殻つき8個を殻から出して酒大さじ3をふりかけておきます(殻はよく洗いふいて内側にバターを塗っておきます)。




② オリーブオイル大さじ3でホタテをサッと焼きます(塩・こしょう少々をふる)。

③ 同じフライパンで玉ねぎ、パプリカ、しょうゆ漬けにんにく8個をみじん切りにして入れて炒め塩・こしょうを加えます。




④ 4個はこの具をそのままのせて青しそを千切りにして飾ります。


⑤ 残りの具に生クリームととろけるチーズ 各大さじ4を加え、ソテーしたホタテにのせ、さらにチーズを各大さじ1ずつのせてオーブンで焼きます(250度で美味しそうな焦げ目をつけます)。

⑥ グラタン風の方にはピーマンの輪切りをトッピングして焼いて下さい。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 08:48 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 魚介料理

食医食・グレープフルーツ果肉ゼリー

2013年08月11日

2013.8月1日(木曜日)晴れ

グレープフルーツ2種類で簡単なゼリーを作ってみました。
グレープフルーツはオレンジと違って酸味が強いので甘味をプラスするのに「はちみつ」を使いました。白砂糖を加えるのでは、せっかくの抗酸化栄養のビタミンをダメにしてしまいます。ご存知のように「白砂糖」は万病の元・老化の原因である活性酸素を増やしてしまう曲者です。料理では「きび糖」をおすすめしていますが、お菓子ではだんぜんミネラル豊富な「はちみつ」がいいですね。全部をジュースにしてしまえと「食物繊維」を捨てることになりもったいないので果肉を活かすゼリーにしました。


<食医食・グレープフルーツ果肉ゼリー>

① グレープフルーツを2種類各1個、ゼラチン8g袋を2個、各2種類のジュース1カップを準備します


② グレープフルーツの上下をすわりやすいように庖丁で切り落とします(くれぐれも少しだけ・・・ゼラチン液が漏れない程度)


③ 果肉をスプーンで取り出し、器にします


④ 鍋にそれぞれのジュースを入れ、はちみつ大3、水で湿らせたゼラチンを加え溶かし、粗熱をとっておきます


⑤ グレープフルーツのお椀に果肉をもどし、ゼラチン液を流し込み冷やし固めます


 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 07:58 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | お菓子・デザート

食医食・山えのき焼き飯

2013年08月11日

えのきは「白い」と一般的には思われています。野生のえのきは「茶色」で、工場生産の太陽を浴びていないえのきは、ちょっぴり色白でエネルギーがあまりないようにも見えます。全体的に細くて傘も小さくか弱そうですね。栄養成分的には「ビタミンB1・B2、ナイアシン・食物繊維が豊富なきのこです。
是非、スーパーで「茶色いえのきだけ」を見かけましたら、白いえのきよりも数値が高いのでこちらを買ってお料理してみてください。


<食医食・山えのき焼き飯>

① 山えのき1束、とんがりピーマン(肉厚・苦味が少ない)紫玉ねぎ、ねぎ 各60g、ちりめんじゃこ100g、卵4個を準備します。


② フライパンにごま油大さじ1を入れ、みじん切りの野菜、えのき、ちりめんを炒め、塩小さじ1、こしょうを少々ふりかけます。


③ ご飯2膳分に、酢大さじ1をふりかけ(パラパラになります)ほぐし、具に加えサッと炒めます。
④ オイスターソース大さじ2を加え、ねぎの小口切りと溶き卵(塩こしょう少々)を流しかけ全体を炒めてでき上がりです。




⑤ みょうがのせん切り、かいわれ大根、ラデッシュのスライスで、夏らしく演出をしてみました。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 06:51 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | ご飯・丼 | 野菜料理

食医食・桃寒天ケーキ

2013年08月08日

桃1個を「大人数でデザートにしたい時」、、、子供の頃、我が家は5人家族でしたので、母がいつも1個の果物を「何度も美味しく!」と工夫をしてくれていました。「寒天」や「ゼラチン」を使って全体量を増やすのです。正に「お母さんの知恵デザート」です。

桃は皮が薄いので「農薬が怖い」と母はあえて皮を厚めに剥いていました。本当に、現代は特に「皮と実の間に栄養がある」は通用ないと思います。何故なら「栄養」以上に「農薬」と、収穫後にもかける「ポストハーベスト」がいっぱいだからです。また、寒天は天草からできているので「植物性」、ゼラチンは、動物の骨からできているので「動物性」です。ヘルシーに仕上げたい時には寒天デザート、コラーゲンたっぷりにしたい時には「ゼラチンデザート」にするといいですね。

<食医食・桃寒天ケーキ>

① 桃1個、桃100%ジュース1カップ、水1カップ、粉寒天8g、はちみつ大さじ1を準備します。


② 小鍋に水を入れ、粉寒天を入れよく溶かします。溶けたら桃ジュースも加えます。

③ 桃は飾り用に皮の部分もつけて三日月形に8個くらい最初に切っておきます(全体はスライスにしておきます)。


④ 桃の果肉はサイコロ形に細かくして寒天液に加えます。


⑤ 粗熱を取ります。


⑥ 型に寒天液を流し込みます。


⑦ 冷蔵庫で冷やして型から出し、スライスしたももを飾りトッピングします。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 05:49 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | お菓子・デザート

食医食・健康ふわふわ丼

2013年08月08日

残り野菜と冷凍していた地鶏の細切れを使って「あり合せ健康料理」を作りました。
今朝の味噌汁具の残り「もめん豆腐」を手でくずして加え、ふわふわにサッと煮て卵(ふわふわのポイントとして牛乳を大さじ1加えました)でとじました。5分で作れる簡単スピード料理です。丼ものを作る時には「3・3・3・1.5」と覚えておいて下さい。「きび糖(砂糖)・しょうゆ・酒・みりん」の合わせ調味料の配合です。

<食医食・健康ふわふわ丼>

① フライパンに、ごま油小さじ1を入れ、地鶏の細切れ100gを炒め、しめじ(ほぐし)・にんじん・玉ねぎ 各60gをスライスして加えます。


② だし汁カップ1を加え、蓋をして火を通し、 にら60gはざく切り、卵4個は溶いて塩少々を足しておきます。


③ あくを取った後、きび糖・しょうゆ・酒 各大さじ3、みりん大さじ1+1/2を加え、もめん豆腐 100gを手でほぐし入れます。


④ 卵液をまわし入れ、すぐににらを加え火を止めます。


⑤ 丼ぶりに、ご飯を1膳よりも少なめに入れ、具をのせてでき上がりです。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 05:22 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 卵料理 | 肉料理 | ご飯・丼

食医食・簡単ティラミス

2013年08月02日

簡単にティラミスが味わえる作り方をご紹介します。
※クリームチーズと市販のビスケットを使って10分、、、ビスケットを焼く時間のある方は是非、ビスケットも自家製で、ソフトなものがお好きな方は市販のカステラを使ってもとても美味しくできます。

本格的なものはマスカロポーネというチーズを使うことが多いですが、家庭では手に入り易い「クリームチーズ」が最適です。そもそもティラミスはイタリアの代表的なお菓子のひとつです。「ティラ」は「持ち上げる」の意味、「ミィ」は「私を」、「ス」は「上に」という意味ですので「私を上に持ち上げて!」という感じでしょうか。。。

作るときもチーズ生地、コーヒービスケット(スポンジ)を上に上に重ねていきますのでここから語源が来ているようですね。
日本ではチョコをココアに変えたり、ナッツをビスケットに変えたり、チーズの種類を変えてみたり、スポンジにコーヒーではなく、紅茶を使ってみたり、様々なバリエーションが増えています。最終的に「ココアパウダー」をトッピングすることは共通しています。

<食医食・簡単ティラミス>

① ボウルにクリームチーズ200gを入れて、きび糖45gを少しずつ泡だてて器ですり込んでいきます。




② クリーム状になったところに卵黄を2個、少しずつ加えます。


③ 生クリーム200ccにきび糖45gを3回に分けて加え固く泡立てます(急ぎの時はボウルの底を氷水で冷やします)。


④ チーズ生地と一緒に混ぜ合わせます。

⑤ ビスケット12枚をビニール袋に入れて包丁の背で叩いてつぶし、大さじ6のブラックコーヒーをかけておきます。


⑥ 型底にビスケット生地、チーズ生地、上に上にと同じことを3回繰り返し、最後にココアパウダー大さじ6をトッピングします。


 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 08:34 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | お菓子・デザート

食医食・アスパラベーコン巻き

2013年08月02日

ベーコン巻きを作る時には、チーズを合わせると、とてもマイルドになります。また、ベーコンは「無添加」を選ばなくては…。結構、化学合成添加物の多い食品です。「亜硝酸ナトリウム」が怖いですね。組み合わせによっては「ニトロソアミン」という発ガン性物質に化学変化するとも言われています。
ウインナー、ハムも同じです。加工食品には充分な注意が必要ですね。

<食医食・アスパラベーコン巻き>

① アスパラ3本、カマンベールチーズ(三角)2個、ベーコンハーフ12枚を準備します。


② アスパラは4等分にして、塩茹でしておきます。


③ ベーコンに、カマンベールチーズ1/6と茹でたアスパラを芯にして巻いて、楊枝でとめます。


④ オリーブオイルでサッと炒めて塩・こしょう少々をふりかけます。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 07:42 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 肉料理 | 野菜料理

食医食・おつまみスタッフドエッグ

2013年08月02日

本日はスタッフドエッグを作ろうと思いますが、「ゆで卵」が意外と難しいと、ご質問を受けています。
たかが「ゆで卵」されど「ゆで卵」という感じでしょうか。卵をゆでればいいじゃん! と思われるのはとんでもありません。まず、卵は「常温」のもの、そして「水」から入れること、沸騰するまでコロコロと中で転がして黄身を真ん中にすること、沸騰して7〜8分が半熟、固ゆでは12~13分、茹で上がったら直ぐに冷水にとる等々、コツがたくさんあるのです。
卵の殻をむく時には「タッパーにゆで卵を入れ水をはり、フタをして前後左右に小刻みに振る」動作をします。白身がツルツルきれいに仕上がります。


<食医食・おつまみスタッフドエッグ>

① 卵4個、紫玉ねぎ・みょうが・細ねぎ 各20g、マヨネーズ大さじ3、ヨーグルト小さじ1を準備します。


② 卵は常温に出しておき、水から入れて火にかけ沸騰してから7~8分間ゆで、直ぐに冷水にとります。


③ タッパーにゆで卵と水を入れて蓋をし、前後左右にタッパを動かします。




④ ナイフでギザギザに切り目を入れて2等分にします。


⑤ 黄身を取り出しみじん切りにした野菜とヨーグルトとマヨネーズで和えて塩こしょう少々で味を整えます。


⑥ 白身の上にトッピングをします。
 


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 07:27 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ | 卵料理