食医食事務局より 無料説明会のお知らせ

2017年03月21日

食医食 無料説明会のご案内ですスマイル



【食生活改善講座 無料説明会】
内容:
① 食生活で気を付けるポイント
② 39年という食生活指導の実績
③ 体験者の声
④ 3カ月で健康という結果を出す

講師:食健士・平井洋子 他
主催:(一社)日本食医食協会
日時:2017年4月15日(土)10:30〜11:30
参加費:無料
定員:10名
場所:東京都新宿区高田馬場4-4-13 ALPSビル3F 小会議室

※詳細・お申し込みは以下ホームページよりご確認くださいませ。
日本食医食協会HP
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 17:00 | Comments(0) | 告知

誕生日と雅会

2017年03月16日

昨日は皇居に行ってきました。




宮内庁の方々との出会いは、「四條司家庖丁初め俎開き」 の席です。
参加はもう10年目になりますが、宮内庁の方々とは、自然と事あるごとにお会いできる機会が増え、今では「雅会(みやびかい)」という仕事外の楽しい仲間の会ができました。

とても明るく楽しい方々で、メンバー全員で「未来の日本の為にできること」を常に話し合っています。

そして、59回目の私の誕生日をこの「雅会」のメンバーがお祝いして下さいました。
祝いの席で、社会貢献活動の一つとしまして、近日「未来の子供達、未来の日本」の
為に雅会主催のイベントを企画しようという話になりました。
(日程が確定しましたら、また、このブログで告知をさせていただきます)


是非、可能な方は一度、雅会メンバーに会いに来てみて下さいませニコニコ
2017年3月15日は、忘れられない素敵な誕生日となりましたスマイルクローバー
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 15:00 | Comments(0) | 近況・コラム

FOODEX JAPAN2017 安全安心な「miuトマト」

2017年03月10日

今回「FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展」の会場を歩いていて、特に印象に残ったブースがありました。


一度は通り過ぎたのですが、何だか「引き返せオーラ」を感じたのですスマイル

大人数での展示ブースが多い中、お二人と小さいブースでしたが、そのご夫婦の何とも言えない素敵な笑顔に、思わず声をかけました。


「子供に安全安心な食べ物を食べさせたくて❗この仕事を始めました」とおっしゃいます。
有機栽培のトマトを生産されていて、そのトマトを使ったジュースやビネガーも並んでいました。

名前もユニークで「ミニトマト」ですが「miuトマト」とあります。
そのネーミングへの思いは「miuは(小さな)の意に加え、umi(海)の栄養素の意味を込めました」とのこと。

有機質肥料によって、品質が安定し糖度8.5の甘さのある優れものです。海のミネラルに匹敵する「天然ミネラルの宝庫」の健康トマトです。
こんな生産者と加工食品会社(すべて無添加、無農薬)が日本に増えてくれると健康寿命も延びるはずですスマイル

若いご夫婦の『飯田農園クローバー』応援したいと思いますニコニコ

【飯田農園のネットショップはこちらピカピカ


お昼には司厨士の方々と、ハーブチキンのグリルをいただきましたレストラン



  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 16:00 | Comments(0) | 食医食 活動報告 | 近況・コラム

FOODEX JAPAN 2017(第42回 国際食品・飲料展)

2017年03月09日

FOODEX JAPAN 2017(第42回 国際食品・飲料展)が幕張メッセではじまりました。
期間は3月7日~10日までの4日間で、アジア最大級の食品・飲料の国際見本市です。




数年前より協賛団体の全日本司厨士協会より「VIP入場許可証」をいただきまして、4日間入場できます。

食医食で学んでいただいた「食健士」にも研修として同行してもらいました。今回は食医食教務主任の藤本と事務局主任の平井です。


世界中から3000社以上の食品企業が一堂に会しています。こんな機会が年に1回、日本で開催されるのは本当に有難い事です。
全部を見て回ろうとすると、4日間でも足りない程、盛り沢山のイベントだと感激しました。

会場内を歩いていると、知り合いにばったり会ったり、久しぶりの方と再会したりして、楽しいイベントでしたスマイル

  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 17:00 | Comments(0) | 食医食 活動報告 | 近況・コラム

ハンガリー大使館『叙勲伝達式とFoodex Japan2017前夜祭』

2017年03月08日

3月6日に東京・三田の駐日ハンガリー大使館で行われた『叙勲伝達式とFoodex Japan2017前夜祭』に、全日本司厨士協会さんよりご招待いただきました。

ハンガリーカラーに彩られた、とても素敵な時間を過ごさせていただきましたキラキラ

全日本司厨士協会が日本全国のレストランや企業にハンガリーの「食」の啓蒙および交流活動に尽力されたという功績で、代表の宇都宮久俊会長が、大使閣下より「ハンガリー騎士団十字勲章」を受章されました。


私も記念に、パラノビチ・ノルバート大使閣下と一緒に写真を撮っていただきました。
同行した食医食の教務主任・藤本も一緒です。


その後の交流会でいただいたハンガリー料理もとても興味深く、特に豚肉料理(国宝豚の「マンガリッツァ豚」と言うそうです)に力を入れているようです。






ハンガリーの郷土料理やデザートを堪能でき、楽しい時間となりましたスマイル
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 18:30 | Comments(0) | 食医食 活動報告 | 近況・コラム

食医食ダイエットのコツ2

2017年03月07日

前回の続きになりますが、私の「理想体重維持法」は、食医食理念の中から、たくさんのコツが生まれています。

出掛ける前などの忙しい時でも、最初は「出し汁」か「スープ」で有り合わせの具材を10分ほど煮て(私の場合は煮ている間に身支度をします)、浮いてきた油とアクだけは、必ずすくい取るようにしています。

本日は、下記の分量で10分位で作れる簡単料理をご紹介します。

① 鍋にじゃがいも4個、にんじん1本、玉ねぎ2個、椎茸4個を一口大に切って鍋に入れ、鶏肉の手羽は焼き色をつけて加え、ひたひたのスープで煮ます。


② オーガニックの無添加バジルトマトソースとケチャップ大さじ3を加え煮込んで出来上がりです。


※トマトソースを入れてからも、さらに浮いてくる「油」は丁寧に取ります。


③ 盛り付けに工夫をして、ご飯は20種類の雑穀米の入った付け合わせで、お皿の手前に盛ります。メインデッシュは奥に盛り付け、有機ベビーリーフをトッピングします。


※料理はやはり見た目も大切です。ちょっとしたアレンジでおしゃれになりますね。(ベビーリーフには火を通さない方が良いですニコニコ)  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 12:30 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食ダイエット

食医食ダイエットのコツ

2017年03月05日

私はこの40年間、74キロから47キロのダイエットをしてから、体重はまったく変化していません。

18歳の時に1年間で「らくらくダイエット」を成功させました。しかも、しっかり3食食べながら、運動は一切せずに(心臓が弱かったので)無理なく楽しい体質改善ダイエットでした。

この体験がなければ、今の「食医食・食生活改善プログラム」は存在しません。

ダイエットの簡単な方法は、必要な栄養素をしっかり摂取して「代謝を良くする」事(食医食シリーズを是非、お読み下さい)と、「余計な油を除く」事だと思っています。

例えば、本日作った「厚揚げの煮物」も「若鶏の甘酢あん」も「けんちん味噌汁」も全て、調味料を入れる前に、「出し汁」だけで煮て「油除去」を丁寧にします。




油は1グラムで9キロカロリーもあります。出し汁の上に浮いている「脂肪」を取り除くだけで、カロリーはとても低くなり太りにくくなります。




ダイエットやメタボ改善に挑戦してみたい方は、甘いもの(砂糖は1グラムで4キロカロリーです)を断つのではなく、油に気をつけると無理なく健康的に痩せることができます。


この方法は、私のように40年経ってもリバウンドがありません。

食医食・食生活改善指導では平均月に2キロ減量の通信指導も実施しています。  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 12:00 | Comments(0) | 健康料理

我が家の食教育

2017年03月04日

最近は朝起きるとほとんど息子が料理を作ってくれています。
「三つ子の魂、百までも」の食教育を幼児期から心がけてきました。

まずは、できる限り買い物に同行するように、料理を作るのを見るように、自然と食材に触れるようにと導いていきました。

小学生の時から、数人の友達と料理教室の周りで遊んでいたので、全員まとめて料理教室の食材運びや、食材洗いを手伝ってもらいました。
当時感じていた事ですが、「これからは男の子でも、自炊ができて自分の健康は自分で守れる育て方をしなければいけないな」と思っていました。

当時、アレルギー体質の子供が「3人に1人」と言われていました。
これは大人の「ガン体質が3人1人」と同じでしたので、免疫力アップ「発酵食品」を当たり前のように食べさせていました。

我が家の朝食は和食、昼食はイタリアンや創作料理が多く、夜はまた和食が多いです。
食医食理念の「9品目プラス海藻」を基本に和洋中の健康料理を楽しく作ってくれていますレストラン








  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 12:00 | Comments(0) | 近況・コラム

我が家の枯れない植物

2017年03月02日

まだまだ寒中見舞いを投函したくなるような寒さですが、なんと、我が家の桜の盆栽が、満開近くになってきましたサクラ
桜の盆栽

我が家には植物がたくさんあります。特に鉢植えの花が大好きです。
ハイビスカスは、ご存知のように南国の花ですが、こちらはなんとオドロキ一年中花を咲かせてくれています晴れ

カランコエやベゴニアもいつまでも花が枯れません。
クリスマスローズやシクラメンも、まだ綺麗な花を楽しませてくれています。

花持ちの秘訣は「還元水とミネラル」だと思っています。
つくづく、人間も植物も同じだなと思います。
人間でいう「老い」と、花の「枯れる」 は案外同じ原理かもしれません。
「活性酸素除去」は植物にも最適なのだと感動する毎日ですニコニコ
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 19:00 | Comments(0) | 近況・コラム

大阪に行って参りました。

2017年03月01日

大阪出張で、大阪市中央区・南久宝寺町の新しい事務局に行ってきました。
四條司家41代ご当主四條隆彦様の関西事務所も日本予防料理学会の事務局も同じビルでスタートします。


食医食大阪セミナールーム

食医食活動の統括を担っていただいている、浜岡康雄コンサル事務所の計らいで実現しました。
これからの時代は「チーム」で力を合わせることがとても大切だと思っています。

大阪にはとてもご縁が深く、20代の時に初めて顧問契約をいただいたのが大阪の食品会社でした。
大阪府警にも、健康講話でお世話になったり、布団の西川・西川リビング株式会社では「健康睡眠と食生活」をテーマに、長いお付き合いをさせていただいています。「電磁波カットのエプロン」も近畿大学の協力もいただき開発に没頭しました。また、逆流性食道炎対応マットもオリジナルで製造していただいています。当時の担当部長だった方が今春、代表取締役社長に就任されました。

帰京前に西川リビング本社に立ち寄り、新社長にもご挨拶させていただきました。
西川リビングにて
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 12:00 | Comments(0) | 食医食 活動報告

食育絵本「ごまっぴのだいぼうけん いちばんだいじなたからもの」

2017年02月26日

食医食には「食育絵本」が2冊あります。


大きな違いは、グリーンの表紙の方が「すべて手書きの絵」になっていることです。
出版社の手直しは一切なしで、私の娘が書き上げました。


もともと、私は20代の頃から「健康人生の為には食教育こそ三つ子の魂百までも❗に違いない」と、食育紙芝居を創作して保育園・幼稚園・小学校をまわっていました。

出版にあたり、娘が新しくストーリーを考えて、子供だけではなく、「読み聞かせ」をしていただくお母様方にもわかりやすい物語に仕上げました。
食医食にはマスコットキャラクター「ごまっぴくん」がいます。食医食理念の基本となっている活性酸素除去料理に欠くことができない「ごま」から考えました。

なぜ? キャラクターをあえて男の子にしたのかは、これからの時代は男の子も「自分の身は自分で守る時代」「自分の健康は女性に託せなくなった時代」であることを伝えたいと思ったからです。

お菓子の国(食品化学合成添加物について)のページです。
<ブルー版>


<グリーン版>


物語の展開は次の通りです。

① 道で倒れて困っているお爺さんをごまっぴ君が助けて、お礼に宝箱をもらいます。
② 鍵が3つついていて、「水の都」「バランスの谷」「お菓子の国」に行って鍵をもらってこないと、宝箱が開きません。
③ 3ヶ所に行っていろいろな目にあったり、大変な思いをしながら鍵を手に入れる事ができました。
④ 喜び勇んで宝箱を開けるのですが、中は空っぽ、煙と一緒に助けたお爺さんが仙人となって出てきて言います。

「いちばんたいせつな宝物は健康だよ」
「旅で学んだ健康知識こそが生きていく為の宝物だよ」

是非、親子で食医食絵本を開いていただけましたらと思います。


Aamazonはこちら)  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 15:00 | Comments(0) | 食医食 関連書籍

宮崎のアンテナショップに来んね〜!

2017年02月24日

新宿南口、我がふるさとのアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」に立ち寄りました。

「こんね」とは??

宮崎人はすぐに判ると思いますが「来てね!」という意味の方言です。
そう言えば、上京したばかりの学生の頃に「こんねって、何の根なの?」と質問され絶句した事もありました。。。

宮崎の代表的な郷土料理と言えば、、、「冷や汁」ですねスマイル
宮崎 冷や汁

味噌汁のアレンジバージョンとも言える料理で、とても素晴らしい健康料理だと思っています。
すり鉢に焼いた魚(身だけ)を入れてすり、そこに麦味噌を加え、だし汁で溶き、もめん豆腐を崩し入れ、小口切りのきゅうり、大葉やミョウガ、胡麻を多目にひねり加えた冷めた味噌汁を、炊きたてのご飯・麦飯にかけて食べる田舎料理です。
それとこちらも絶品の「炭火焼き地鶏」も一緒にいただきました。

あと、面白いなあ~ピカピカと思ったのは「きんかん」についてです。

KONNEには、きんかんの食べ方がどこそこに貼ってあるのです。なんと、きんかんの皮をみかんのようにむき始める子供さんもいるそうです。
ということは、今のお母様方は、あまりきんかんを子供さんに食べさせていないようですね。
きんかんの食べ方

宮崎では特産品でしたので、子供の頃おやつとして、庭になっているきんかんを採って食べていた思い出があります。
ビタミン宝庫です。特に皮には免疫力を高めるカロテンも豊富です。

つい数日前に、宮崎名産のきんかん「たまたま」を、「やめられない〜♪ とまらない〜♪」とパクパク食べたばかりでした。
宮崎のきんかん・たまたま

是非、世のお母様方はきんかんの美味しさを子供さんに伝えていただけたらと思いましたスマイル

新宿みやざき館KONNEのHPはこちら  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 18:00 | Comments(0) | 近況・コラム

食医食式の減量法とは?

2017年02月23日

私は子供の頃、心身ともに健康に自信がなかったので、本当に写真嫌いの女の子でした。よって、18歳の時の写真は、before/afterとして新聞に掲載された、この白黒写真しか残っていません。
神崎夢風過去神崎夢風

1年かけて「食べながら23kg減量」した体験談で新聞に取材された時に使用したものです。この40年間、体重47kgというのはほとんど変わっていません。やったことは食医食理念である「9品目+海藻」を毎日1日を通して「一口ずつ」バランス良く食べただけです。

ポイントとしては、料理の中で一番大切で、一番使う「水」が電解水だったので、より早く「活性酸素除去」という結果につながったのだと解釈しています。電解水は分子が小さいので溶かす力が大きく、料理の素材にも人間にも毒消しになったのかな? と体調の快復が楽しくなった事を思い出します。

右側の白衣姿の写真は昨日のブログ「食医食シリーズ アトピー編」のプロフィール用に撮影したものです。今から8年前、51歳の頃の写真です。健康になると、人間は明るくなり、表情も変わるものだな〜と我ながら思います。
 
毎日どんな料理をお弁当にして食べてきたかをご覧下さい。「9品目+海藻」入りの「食医食これで大丈夫! 弁当」です。
これで大丈夫弁当
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 19:00 | Comments(0) | 健康料理

アトピー性皮膚炎の食事指導

2017年02月22日

食医食では、「アトピー性皮膚炎」の食事による体質改善指導については、昭和55年より数多くの実績があります。

その中でも、一番思い出に残る親子さんがいます。きっかけは、一本の電話でした。
「全身アトピーで病院治療を受けて7年目、ステロイドを塗らないと、いつもこんな状況です」と、当時2歳の長男の写真も一緒に届きました。
食医食理念を忠実に実践して下さったからこそ、平均の3ヶ月ではなく、2ヶ月くらいで驚くほどの結果を出して下さったと思います。
アトピーからの回復
(※結果には個人差がございます)

私は、学生時代より「病院栄養士」を目指していたので、常に専門医との連携で栄養指導をしてきました。
この約40年近い食事指導の原点は各専門医の先生方の医学的な観点からの「万病の元は活性酸素である」という理論です。
食医食理念の基本は「活性酸素除去料理と生活習慣の改善」です。

親子の体質はコピーのようなものです。親がアレルギー体質であれば、子供もアレルギーのケースが多く、食卓を共にする親子は食生活も体質も似てきます。
結果もコピーのように、親子の症状もおさまり、無理なく普通の生活ができるようになりました。

詳細は、食医食 アトピー編 〜生きるも死ぬも「あなた」しだい!〜 を是非、ご覧下さいスマイル
食医食 アトピー編
Amazonはこちら

この本には約2ヶ月で体質改善に成功したポイントをまとめました。
他の体験者の方々にも写真を提供していただいています。前出の親子さんにも掲載の了承をいただき、「食事の改善だけでステロイドとの縁が切れたので、その方法を広める意味でも、アトピーで苦悩している方々へbefore/afterとして顔を出しても良いです」とまで言っていただいています。
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 18:00 | Comments(0) | 食医食 活動報告 | 食医食 関連書籍

東京食健会2月

2017年02月18日

月に1度のお弟子さんの会「食健会」に行ってきました。
今回は今春よりスタート予定の「食医食・目黒教室」で行いました。

もう30年前に、目黒の柿の木坂交差点の所で、とあるクリニックと一緒にお料理教室をやっていた時期がありました。また10代の学生の時に目黒のフローラ洋菓子店の社員寮に下宿していた時期があり、その近所ということでご縁を感じています。

食医食事務局主任の平井さんのマンションでスタートします。


資格を取った指導者が、自宅で健康指導や料理教室ができる理想的なモデル教室になってもらえればと思います。

早速、10分位で健康料理をサッと作ってくれ、思いがけない食事会となりました。


食医食料理水の「夢風の還元水」もたくさん飲めて、料理にも使用して「健康という結果を出せる」料理教室を目指します。

※子育てが終わった世代が「自宅で趣味と実益を兼ねて仕事にできること」が私の理想とする食医食運動の一つです。

それには、まずは自分が健康になり、そして指導者となる「食健士」という資格制度を「通信指導」で全国展開することが目標です。

詳細はコチラです。「食医食 通信指導」
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 10:00 | Comments(0) | 料理教室 | 食健士

手作りトリュフチョコレート

2017年02月17日

今週はバレンタインデーがありましたねピカピカ
食医食としては、かつて、毎年2月14日に、「食医食・バレンタインデー当日講習会」を実施していました。そのスタートは昭和55年でした。

たまたま、料理教室の生徒さんからの「先生〜、彼に手作りチョコの出来たてをプレゼントしたいんです! 一緒に作りに来てもいいですか?」というお願いがきっかけでした。

「まあ、どうせ作るし材料とラッピングも一緒に仕入れればもっと安くなるかもスマイル」と、さらに別の生徒さんに声をかけました。結果的にはなんと40人位の申込みがあり、
「どうせだったら、材料のチョコを本場ベルギーから取り寄せよう♫」と、
どんどん楽しくなっていきました。

それから「1粒に、他にない愛のこだわりを」と、本当に何回も何年もかけて「この1粒」というものを作りあげました。

8年前には食医食のレシピを商品化してくださった会社で「デザート」として作っていただいたこともあります。

私の考え方は、チョコであっても料理と同じで「簡単に作れて美味しくて体にいい食べ物であること」です。


  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 10:31 | Comments(0) | 料理教室

弟子・川上晶也の本を発見!

2017年02月13日

先日、新宿での打ち合わせ後に、久々に小田急百貨店10階の有隣堂書店に立ち寄ってみました。

食医食の大阪代表「川上晶也」食健士の2冊の著書が平積みで並んでいました。
「わっ~拍手」とニンマリ、持っていますが思わず購入しましたニコニコ


やはり、家族のことのように嬉しさでいっぱいになりますピカピカ

私の著書「食事を変えれば病気は治る」は一冊しかありませんでした。。。
でも、お弟子さんが成長し発展することは私の財産です。
どんどん、私を超えていってくれる食健士が全国に増えてくれることを心から願っています。

彼はインターネットで「食医食」と「神崎夢風」を探し出してくれた貴重な存在です。大阪からよくぞ東京まで訪ねてきてくれ、会いに来てくれたと逆に感謝をしています。

彼の著書「健康寿命レシピ」は、「糖尿病・メタボ編」と「美肌・アンチエイジング編」と2冊の簡単で美味しくて身体に良い、レシピ本になっています。
とても判りやすく、活用しやすいレシピ集ですので、是非2冊セットで健康な食生活のバイブルにしていただけましたら幸いです。

(昨年10月の四條祭にて)


川上晶也HP「60GOHAN」

簡単! 美味しい! 楽うま 健康寿命レシピ 「糖尿病・メタボ編」


簡単! 美味しい! 楽うま 健康寿命レシピ 「美肌・アンチエイジング編」


  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 11:00 | Comments(0) | 食健士

食医食・これで大丈夫味噌汁

2017年02月12日

「食医食理念」ぎっしりの「これで大丈夫味噌汁」の材料(糖尿病基礎食の9品目プラス海藻)です。作り方はいたって簡単です。

しかも、とても経済的な材料です。10年前に栄養顧問になった家庭教育団体スコーレ協会より、一般的な家庭の為の健康料理を教えて欲しいとの要望があり、考えました。

食医食では、「万病の元と老化の原因である活性酸素(酸素毒)を除去する家庭料理」を研究してきました。もちろん、農薬や添加物は極力避けたいのですが、なかなか、安心安全な食品はこだわっているので高価となってしまいます。。。

無農薬や完全無添加でない場合は、煮てる間にアクと一緒に浮き出てくる農薬などもこまめにすくって除毒作業をしていただいています。

今回の材料(4人分)は以下の通りです。

「9品目プラス海藻」


① 肉(豚肉) 200g
② 卵 4個
③ 魚(ちりめん) 大さじ3
④ 豆製品(豆腐) 1丁
⑤ 芋(山芋) 100g
⑥ 野菜(にんじん・しょうが・ごぼう・日本ねぎ・白菜・きゃべつ)、きのこ(しめじ・しいたけ・まいたけ)各50g
⑦ 乳製品(チーズ) 三角チーズ2個 ※チーズの代わりに牛乳大さじ3でも、味がまろやかになります)
⑧ 果物(レモン1個)果汁
⑨ 穀物(麩) カップ1
⑩ 海藻(わかめ) 大さじ3

作り方
① 材料を全て一口大に切ります。


② 出汁は昆布と鰹節できちんと、しっかり取っておきます(味の決め手です)


③ 具を出汁で煮て(ここで、まめに溶け出されているアクや農薬、添加物などをすくいとる)味噌を入れます。




※具は根菜やきのこ・肉などを先に火を通して、アクを吸収しやすい麩や豆腐などは後から加えます。余熱で丁度よい卵や細ネギ、わかめなどは最後に加えます。

※出汁とみその割合は2.5リットルに150gで、味見をして、濃い薄いの調整をお願いします。(味噌の種類によって塩分が変わります)

でき上がりは昨日のブログに載せていますスマイル  


Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 19:00 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ

活性酸素と老化現象

2017年02月11日

私が16年通っている「アピッシュ」という美容室があります。
最初は原宿店だけでしたが、今では青山店、銀座店と増え、スタッフも100名位になっているそうですはさみ

当時から担当のスタイリスト・網野さんが、食と健康にとても興味を持って下さり、即実行もしてくださる方でしたので、本当に長いお付き合いになっています。彼も驚くほど、16年前と変わらず若々しい人です。

カットの最中に「食医食カロテンカレー」を伝授すると、帰りに材料を買ってその日のうちに作ってみるという、食医食のチャレンジャーでもあります。

そこでいつも言われることがあります。

「先生の歳で白髪のない人を見たことがない~ピカピカ
「もしも他の美容室で染めていたとしたら、プロは見れば判ります!」と。

もうじき還暦ですが、おかげさまでまだ白髪がありません。

この食医食理念の基本に出会った40年前に「老化も活性酸素(酸素)が原因だから、活性酸素を除去する料理を研究すれば、老化現象も先延ばしができるよ」と担当医に言われました。

確かに、若い頃にあったそばかすがなくなり、シミやシワも同級生よりは「少ないじゃん!!」と言われています。活性酸素は万病と老化の原因です。
介護も必要のない健康寿命をどこまで全うできるか我ながら楽しい毎日ですニコニコ

よく聞かれます。「食医食理念の料理No.1はなんですか?」と。
私が毎日、味を変え、具を変えながら食べている「活性酸素除去味噌汁」をご紹介致します。


なんだか、この味噌汁を食べないと健康維持ができない気がして最近では「病気予防とアンチエイジング」の為に意識的に作って食べています。
あり合わせで、いつでも簡単に作れて経済的な料理なのでこれが健康料理の王様かな〜と思っています。
ポイントは食医食の基本理念である「9品目プラス海藻」が全部入っています。

長くなりましたので、作り方は明日にさせていただきますスマイル
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 12:00 | Comments(0) | 健康料理 | 近況・コラム

食医食・5分で作る具だくさんパスタ

2017年02月09日

今日は「5分で作る具だくさんパスタ」ということで、、、


にんじんをピーラーでサッサッサッと、麺のように長く薄切りにすることからはじめました。


これは、男の料理担当の息子が「パスタとベストマッチgood」と言っていたので試してみましたスマイル

生パスタを3分間茹で、その茹汁でほうれん草もサッと茹でました。後は、オリーブオイルでスライスしたニンニク・生ハム・玉ねぎ・しいたけ・にんじんを炒め、パスタを加えて、赤胡椒・バジル・塩 各少々だけで味を整えました。


食医食では「健康という結果の出る料理、病気にならない予防料理」に徹していますので、今回はトッピングにブロッコリースプラウトをあしらいました。見た目は似ていますが「かいわれ大根」よりも身体を錆びさせないという「抗酸化力」があると言われています。


※ほうれん草を茹でる時に、塩茹でではなく、きび糖を入れると青臭さがなくなり、とても美味しいと聞いたのでやってみました❗
確かに美味しいですニコニコ
  

Posted by 神崎夢風(かんざきむふう) at 16:00 | Comments(0) | 健康料理 | 食医食レシピ